読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大豆製品のあたまの中。

気づきや学び、考えてること。頭の中にあるもの。

【美容のミニマム化】① ノーファンデ生活にしてみて半年経ったのでメリット、デメリットをご報告

お久しぶりです大豆製品です。

気付けばもう12月。あと1カ月で今年ももう終わりですね。早いー。

ひと足早いですが、今年私がひっそり試してた、美容のミニマム化についての経過報告をしたいと思います。

 

【目次】

 

 

美容のミニマム化に挑戦してた

このブログにもよく書いてるように、美容はとても好きなジャンルです。

メイクも大好きだし、そもそも何かをお手入れをする、という行為がとても好き。

夢中になってワクワクしちゃいます。

それは今も変わらないのですが、

今年は『これって本当に必要なことなのかな?』と、

今まで当たり前に日常化していた美容をイチから見直して、無くても大丈夫そうならやめてみる実験をしてみてました。

題して美容のミニマム化です。

美容も外側から飾りつけたり何かに依存せず、素の状態のコンディションを上げることに力を向けたほうが長い目でみたらベストだとより強く思うようになりました。

 

http://data.whicdn.com/images/239998888/large.jpg

 

ファンデーションをやめた理由

  • 地肌の色に合うファンデが見当たらない
  • 顔と他の部分の色や質感の違いが気になる

 

まず肌に合う色のファンデがない件についてですが

私は肌が弱いので、一般のファンデや日焼け止めなどが使えないので比較的負担が少ないブランドを渡り歩いていました。

さらにパウダーをブラシでくるくるとのせるとそのブラシも刺激になっちゃうので辿り着いたのがポンポンタイプのこちら。

去年の冬から使い始めて2回ほどリピート。

f:id:choudoiisaizu:20161203101225p:plain

 

肌にのせる時の負担も少なく、扱いも簡単で艶肌になるのでお気に入りだったのですが、

色が3種類しかなくて肌の色にぴったり馴染まないのがちょっと気になってました。

 

あとは自分も含めて、女性の顔とその他の肌の部分の質感の違いがいつも気になっちゃうのです。

顔がパウダリーでも艶々してても、その下のデコルテや肩、腕との質感の差で

『顔には違うの塗ってます』感が出てるのが不自然だなーと思っちゃう。

絶対私の気にしすぎだと思うのですが、

自分が気になるならやっぱりやめようと思うに至りました。

化粧下地だけにしたり、やや色味がついた日焼け止めも試してみましたが

どうしてもやっぱり質感の違いが不自然に思っちゃうのです。

単純なる日焼け止めなら全身に塗るので、顔も普通の日焼け止めだけにしたら質感も色も当然合うだろうとチェンジして約半年。

結果とっても快適です。

 

日焼け止めだけにして得たメリット

  • メイク直しが必要なくなった
  • お昼寝の時間延びて午後の仕事も快適になった
  • ポーチ不要で身軽
  • 肌負担が軽減した
  • コスト軽減

 

日焼け止めだけにしていちばん良かった点は、メイク直しがいらなくなったこと。

朝メイクしてから帰宅して顔洗うまで一回も直さなくてOKって本当楽ですね!

わざわざチェックして気になったら直してーていうのが本当に面倒だったのですが、崩れてたらそれもそれで気になるのできちんとメイク直ししてました。

あとファンデによる肌の乾燥や妙なテカリもなくなりました。

テカリってファンデのせいだったのね…!とやめてみて初めて知った。

 

現在は、お昼休みにご飯食べた後は歯磨きしてリップつけ直して終了です。

なんて時短で楽ちんなの。

そのぶんお昼寝の時間が延びたので午後もスッキリお仕事頑張れます。

 

さらにお化粧直し用のポーチを持ち歩かなくて済むようになったので、バッグの中もミニマムに。

ポッケにリップだけ忍ばせておけばOKです。

以前はメイクブラシまで持ち歩いていたので、もう本当にバッグも心も身軽になりました。

 ついでにコスト面ですが、ETVOSは5940円に対してNOVの日焼け止めは2160円。

半額になって図らずともコスト削減になりました。

 

デメリット

特になし。

いや、カバー力皆無なのでソバカスとかまる見えなんですが。

元々顔に色々塗ってたときも、塗ってます感が嫌でそのあたり気にせずカバー力ないものばかり選んでたので個人的には特に大きな変化は感じてないです。

周囲の方はどう思ってるかわからんけども。

 

現在愛用中のベースメイク

f:id:choudoiisaizu:20161203094216j:image

 

左からパウダー、日焼け止め、コンシーラーです。

日焼け止めはNOVのお湯だけで落ちるという謳い文句のものを愛用してます。

現在2本目リピート。

でもお湯だけで落ちる気はしないのでクレンジングしてます。

こちら、肌負担が本当に少ないと感じるので敏感肌の方にすっごくおすすめです。

顔洗った後でも一切刺激を感じません。

他のはいくら敏感肌向けと謳っていても大体多少の刺激を感じていましたが、

こちら大豆的歴代NO.1の肌負担が少ない日焼け止めです。

これのおかげで日焼け止めに切り替えられたと言えます。

とにかくおすすめ!

 

 

ベースメイクは

日焼け止めを塗って、目元のクマ(ひどいの)と小鼻横の赤みをコンシーラーでカバーして、Tゾーンにパウダーを大きめのブラシでふわっとのせて終了です。

速攻終わる。こんなに速攻終わるのに、お化粧直しもいらないなんて素晴らしい。

敏感肌はブラシやパフも、とにかく弱い摩擦でも刺激になるので極力避けたほうがいいとのことですが

確かに、日焼け止めも優しく優しく手で塗って極力摩擦を避けるようにしたら肌の炎症も滅多におきなくなりました。

以前は結構頻繁に炎症して悩んでいたのに。とっても嬉しいです。

いずれコンシーラーもいらなくなったらいいなあ。

そしたら本当に夜お湯で流すだけで済むかもしれません。

一番肌に負担かからないので理想ですね。

 

まとめ

ということで、これからいくつか美容のミニマム化したことの経過報告をupしていきたいと思います。

日焼け止め生活は想像以上に快適でメリットがたくさんあったので試してみて本当に良かった。

今後も続けていこうと思います。