大豆製品のあたまの中。

気づきや学び、考えてること。頭の中にあるもの。

「見られる」より「触れられる」美容

私の好きな女性のひとり、滝川クリステルさん。

彼女の本のなかで、とても素敵だなと思った一節があったので抜粋してご紹介したい。

 

「見られる」より「触れられる」美容

ノーメイクで過ごすフランス女性も、決してボディクリームと香水だけは欠かさない。
男性に触れられることを意識して、気持ちよく触れてもらうための美容。
そのほうが、女性として、断然、重要だというわけ。
つまり「触れられるための美容」。
だから、彼女たちが何より大切にするのは、「つややかさ」。
不特定多数の男性に見られること、つまり「モテる」ことが目的というより、特定の愛する男性に触れられること、つまり「愛される」ことが目的。とてもシンプルなのです。
ほどよく好きな男性のために美容すること…それも大人の女性ならではの知性だと思います。

 

モテることと愛されることは、実はベクトルが微妙に違うと思う。でも道は一緒で相乗効果あり。願わくばどちらも常に手に入れていたいですね…というのは私の本音。

 

恋をしたら増えるものは何?

以前「恋をしたら買うものは何か?」という話題になって、それがとても楽しかった。

  • デート用のワンピース
  • 毎日する用のフェイスパック
  • ちょっとお高めの美容液
  • ピンク色のコスメ

などなど、色々な意見があって、全部わかるーて盛り上がったんだけど。

「デートの時に着る服を選んでる時や、美容に力が入ってること自体がすごいテンション上がって楽しい」て意見にその場にいた全員が完全同意。

 

私が恋をしたら増えるもの

私が恋をしたら増えるものは、いい香りのボディクリーム。

距離が近くなると、香水よりも、ほんのり香るボディクリームくらいがちょうどいいのではないかと昔から思ってる。ふんわりいい香りで、肌もすべすべ。こんなに恋をしている女性らしいものがあるでしょうか。いや、ない。(反語)

好きな人の好きな香りを聞いて、その香りのボディクリームを纏って会いに行く。近寄った時にだけふんわり香ってわかる、なんてなんともロマンティックだと思うのだけど。

これからの冬の時期こそ、この作戦が本領発揮する季節。楽しいですね。

 

 

恋する理由 私の好きなパリジェンヌの生き方

恋する理由 私の好きなパリジェンヌの生き方

 

 

広告を非表示にする