大豆製品のあたまの中。

気づきや学び、考えてること。頭の中にあるもの。

母の愛で夫がアスリートになった件

自宅保育なので子どもの食事もずっと手作りなんですよ。手作りでいく!という気概は毛頭無かったのだけど市販品はパンとお菓子以外食べないので離乳食からずっと作ってます。

今は幼児食になり味薄めの大人と大体同じものを食べるようになったので取り分けの必要もなくなりかなり楽ちんになったのだけど、子どもは大体炭水化物とか甘味が感じられるものを好むじゃないですか。

子どもが好きなものはパンやうどん等、出汁の効いたものなのですが、夫はアトピー、私も光線アレルギーと肌弱家系から産まれたのもあり、管理できるうちはアレルギー誘発するものを出来る範囲で避けるようにしてます。

具体的にはパンが最も大好物だけどなるべくグルテン摂取量を少なくしようと思って米粉でパンを焼いたりオートミールのパンを作ったり、おやつもおからマフィンやオートミールクッキーや高タンパク質のプリン作ったり、タンパク質好きじゃなさそうだけど脂抜きしたら食べてくれるので脂抜きして作ったり等。

 

で、全く同じものを食べてる40代夫の体脂肪率が8%、腹筋バッキバキに気付いたらなってて笑いました。幼児食ダイエットと我が家で呼んでる。そういえば確かに高タンパク質低脂質メニューだものね。

LOVEの語源は「相手に食べさせたい」だと以前本で読んだのが印象的だけど、確かに折角ならば栄養が高くて美味しいものを食べてもらいたい、と毎日作ってるのでこれが愛なのね…という気持ち。

あと子どもは美味しいものなら喜んで食べるけど美味しくないなら断固ひと口も食べない、と徹底してるので料理スキル爆上がりしました。日々鍛えられてます。