読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大豆製品のあたまの中。

気づきや学び、考えてること。頭の中にあるもの。

Smooth Jazzと"ギリギリchop"の中間地点

つぶやき

 今月から、うちのお店に新しいスタッフが入りました。

一人増えたことで、やっと連休がとれるようになりました。嬉しい!

 

http://pic.prepics-cdn.com/takinabakbz/13695266.jpeg

 

 新しく入って下さった方は、元々ブティック他経営されてた経験があったりと、バイタリティー溢れ、搭載しているエンジンがスゴイ方。

 恐れ多くも私が色々教える役割になったのですが、元々人に何かを教えるのはエネルギー使うものとはいえ、なんだか尋常じゃないくらいグッタリしてました。

ここ連日、帰宅後倒れるようにパタっとスーツのまま朝まで寝てしまう。

正月のSALE以上の疲れっぷりです。

メイクしたままなので肌も荒れちゃうし困ったもんだ。

はて、なんとか解決法はあるのでしょうか。

 

 なんでこんなにグッタリするのかっていうと、彼女と私は刻むビートが違うのです。

私は多分基本ゆるいんですが、反して彼女はハードロック。

お話してるとアタマの片隅でB'zを思い出します。


B'z / ギリギリchop

 

稲葉さんは素敵だけど、一日中ギリギリchopを聞いてるのは結構キツイものだ。

私が心地いいのはこちらのまったり系。うちの店長の刻むビートもこんな感じです。


【リラックス用・作業用BGM】 Smooth Jazz/スムースジャズ~お部屋を癒しの空間に

 

 というわけで、刻むビートが違う人と、うまく中和させてお互い寄り添える新たなビートを探していく実験をしてみようかと思います。

とりあえずまず、相手のビートにノらないで、お互いの中間地点と思われるテンポで話を返して様子みてます。

中間地点のビートなら、相手もノリやすいかな、と思って。

でも

リラクゼーションとハードロックの中間地点ていったいどこなの...?

参考に音楽番組観てみる必要があるかな。