読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大豆製品のあたまの中。

気づきや学び、考えてること。頭の中にあるもの。

「今」好きなお洋服に、自然に気付くきっかけは

こんばんは。

突然ですが、大豆製品の好きな家事ランキングを発表致します。

1位 小物のお手入れ

2位 掃除

3位 お洗濯

 

磨いてツヤツヤになるものが好きみたいです。ワックス掛けとか大好き。

皆様はどの家事がお好きなんでしょうか。

 

で、私が断トツ嫌いなのがアイロン掛け。

理由はひとつ。ただひたすら面倒くさいのです。

あといくらYouTubeとか見て勉強しても全然上達しないのも嫌。

逆にシワが酷くなるんだけど一体どういうことなの。

そんな大豆ですが、本日珍しくアイロン掛けの神が降りてきたので

ここぞとばかりに手持ちの服を片っ端からアイロン掛けまくりました。

アイロン掛けすぎて右手の親指が水ぶくれになって痛いです。

アイロン掛けって水ぶくれできる行為だった...?初めて知ったわ。

 

「なんだか素敵な人」の共通点

アイロン掛けが嫌いすぎて、本音はお洋服がシワシワでも別にいいレベル。

けれど「なんだか素敵な人」と思う男女を観察してみると

靴や小物のお手入れがされているのは勿論、

お洋服がピシッとしていてシワもなく、きちんとした印象の方が多いんですよね。

そういう方に憧れるということは本心はそうありたいと望んでいるということなので

毎回渋々重い腰をあげてアイロン掛けをしています。

でも毎日の日課にはどうしてもできないので

やるときに一気にまとめてやっちゃうのがいつものパターン。

その際ついでに飛び出た糸を切ったり毛玉を除去したりとお手入れを+していると

気付けば結構な時間が過ぎてしまいます。

そんなところもアイロン掛けに気が進まないとこなのよね。

 

嫌いな家事をわざわざする理由

アイロン掛けの必要ない服だけに絞ったほうが楽だろうな、とか

使い捨ての様にしたら手間は掛からないだろうな等とは思うこともあったのですが

それは私にとっては楽しくないので今は好きなお洋服を着る方を選んでいます。

好きな服やモノを、お手入れして大事に扱う人に憧れるのですよね。

 

それに、あえて嫌いな家事をすることのメリットも。

それは大事な時間を割いてまでお手入れする価値のあるものかどうかを自問自答できること。

その品物の値段や購入時期などは関係なく、平等に判断できるので

私にとっては一番の「今、持つもの」の基準になってます。

状態を確認して、アイロン掛けてクリーニング出すモノを仕分けして、

糸を切ったり毛玉を取ったりボタン付け直したり...etc.

本当お洋服の管理って面倒くさいですよね。その時間あるなら他の事したいわ。

でも時折お手入れしないと、気付いたときには見窄らしくなっちゃいます。

それは嫌だし、好きなものは美しくあってほしい。

なるべくその手間を最小限に抑えるためには、やっぱり

『本当に今気に入っているモノを自分が管理できる量で持つ』

という初心に戻れるんですよね。

気に入っているものなら気付けば熱心にお手入れしているから分かる。

自然に選別出来るので、ブログ始めた当初のように、わざわざ捨てるものを探す必要もないのもいいところ。

 

という訳で、本日のスーパーアイロン掛けタイムでまたいくつか手放すことになりました。

気に入ってるつもりだったけど、今はそんなでもないみたいなものが幾つかあった。

「以前」と「今」は違いますものね。

なんとなく、で過ごすと気付かないけれど。

 

 そういえば今日は満月。

満月は完了のエネルギー。浄化、手放す意味があるそうですね。

突然降りてきたアイロン掛けの神の理由ももしかしたらそれだったのかも。

それではおやすみなさい。

 

http://taking-a-stand.jp/wp-content/uploads/2015/08/35f07a463f270173446986233a73f3c7-835x437.jpg