読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大豆製品のあたまの中。

気づきや学び、考えてること。頭の中にあるもの。

久々の大手放し。脳内も、データも、人も。

なんだかふと、色々飽きたな...と思ったのが先月末のこと。

飽きちゃったというか、些細なズレを感じました。

歯車の回りがギギギ...と小さな音をたてている気がする。

聞き耳を立てないとわからないくらいだけど。

 

さてそんな時には先手を打つべし。

違和感に気付いた時に油をさせば、また歯車は円滑に回転し始める。

 

私がそんなときにまず行うことは、大規模な手放し祭りです。

 

脳内も、データも、人も持ち物も全部見直し、

必要ならば消去・消去。

または脳内の「今必要ないBOX」に保管しておく。

 

新しい油をさすためには、まず今の歯車をきれいにお掃除しないとね。

 

微妙なズレを感じている人とは少し距離を置く。

人は皆それぞれ日々価値観や感性も変化していってて

人としては好き。

だけど基づく価値観は噛み合なくなったかも、と思うときがでてきますね。

近い価値観だった人とは一緒にキャッキャとしていたのに寂しいな...と凹みましたが

私が思ったってことは相手も思ったことでしょう。

 

春前までは私も

「同じ価値観で深めるよりも、違う価値観に触れて見識を広めたい」モード

だったので、きっと価値観のズレはお互い様よね。

今は

「違う価値観に触れ、今の自分の価値観の足場が理解できたので深めたい」モード

なので、それに徹する期間だなーと思います。

ご縁があれば、また折れ線グラフのように交差する時があるでしょう。

 

最近、また再会からや新たに紡ぎ出したご縁や

縁が深くなった相手がいるので、うん、やっぱりそんな時期だね。

今これ書いててすごい納得した。なるほどblogはこういう効用があるのか。

 

昔はこんなときバッサリ離れていたから、私も大人になったなあ。

人間関係はグレーゾーンもあるとわかりました。

 

 

データに関しては、もともとメールなどは読んだらすぐ消去するほう。

今回は見落としていた

Evernoteにつけていた読書ノートや、Kindle本なども見直して

今必要ないものや血肉になったものを全部消去。

 

脳内のことは、瞑想を再開しました。

あとは睡眠を深く&長くして、

脳に処理・判断を委ねる比重を重くしようかと今実践中です。

大体のことは全部、本当は自分がわかっていると思うんですよね。

 

「本能のままだね」と揶揄されていた時期

「なんとなくヤバそう」とか「そんな気がする」という感覚に従っていたから

現在こうして陽のあたるところでのほほんとしていられてると思う。

私が昔接点があったり周囲にいた人、

結構な人が後々、Yahoo!ニュースで取り上げられる事件に関与していましたからね。

ネットで名前を見るたびに、自分の感じた違和感を信じて良かったと思います。

ニュースになるほど大きなものじゃなくても多多ある。

周りで微妙に巻き込まれていた人とか結構いるの。こわいよね。

 

実は上記で書いた距離を少し離れようかと思っている理由とか

微妙にそういう人が関わっているんですよね。

色々あったのはもう随分前だけど

私はやっぱりまだその人に対し違和感を感じるので、

価値観に少しでも影響を受けている人は警戒音が鳴っている。

まあ、私の先入観も大きいだろうとは思っているけれど。

 

今勉強しているジャンルの、とある本に書いてあったのだけど

心の穴が多いほど

心の穴が深いほど

心の穴の闇が深いほど

そういう人に人は支持者、執着を集めやすいんですって。

 

これ心底腑に落ちた。

 

今も心の穴は多いけど、

トーカーや異常なほど執着され、

比喩じゃなく命からがらだった頃の私は心の穴もその闇もものすごく深く無数にあった。

 

何故人はここまで人に執着するのか、

というのが私の長年の嫌悪からくる疑問だったのだけど

腑に落ちる答えのひとつを見つけた感じ。

ちなみにその時の影響で「運命」とかいってくる人は鳥肌たっちゃう。

トラウマの根は深いね。

 

 

で、その人の話に戻るのだけど

そのとある人はまだまだ心の穴が多く深く、闇がブラックホール並だと思うの。

私なんてビビりなんで怖くて少しも覗きたくないくらいに。

 

ただ心の穴があるのは悪いことではないし、

むしろ穴が無い人なんていなくて

その穴で人は惹かれ合うらしい。

これも納得。

 

何でも表裏一体、長所も短所も紙一重。

惹かれ合う相手と

お互いに美味しいとこだけなるべくとれるようにバランスとりつつ

うまくやりたいものですね。

 

 

もう誰かに公開するとか考えるのはやめて、

今回タイトル通り「大豆製品の頭の中」を書いてみた。 

 

特に誰かに伝えたい欲少ないんですよね。

それは当人と対面して会話で湧き上がるもの。

ブロガーは不向きだね。

誰かが見てるかもって思ったら、

なんかいいことや役立つこと書かなきゃって思っちゃうもの。

ええかっこしいなのね。

 

頭の中をツラツラ書くのは楽しい自己満足。